ヘ ッ ド ラ イ ン    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

彼女が尽くしすぎるから別れた

百年の恋も冷めた瞬間!★150年目

876 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/06/07(金) 02:44:33.95 ID:npVBwnyy

大学の頃に出来た彼女が、とにかく世話好きだった。

付き合い始めの頃、食生活について細かく聞かれて、
自炊もしないし、あんまり野菜は食わないということを言ったら、
そんなことじゃ、体を壊すということを強くお説教されて、
その日は彼女の家でご飯を食べることになった。

食べ終わったら、俺の寝床が用意されていて、その日は彼女の家に泊まり、
その日からずっと彼女の家に住み着くことになった。



彼女はとにかく尽くしたがる性格で、朝は早く起きて俺の弁当を作って、
俺がその辺に脱ぎ散らかした衣類をすべて拾って洗濯してくれて、
「喉が渇いたな」と呟けばお茶を入れてくれて、
「風呂入ろうかな」と言えばお湯をためて、何も言わなくても背中を流してくれた。

しばらくは快適だったけど、段々と彼女の「尽くす」性格が怖くなってきた。
たぶん彼女は少しどこか壊れている子だったんだと思う。
「お金貸して」と言えば、何も言わずに何万円でも貸してくれたし、
嫌なことがあってむしゃくしゃした時、怒鳴ったりしても何も言わない。

最終的には、彼女の尽くす性格が本気で気持ち悪くなり、冷めて、別れた。
彼女は、自分自身、良いことをしてるとしか思っていないし、
別れる時はとにかく揉めた。
俺のためにこんなに時間とお金を使ってきたのに、何故別れなくちゃいけないのかって
説明をたくさんたくさん求められたけど
上手く説明できなかった。





スポンサーサイト
[ 2013/06/10 10:10 ] 引いた・冷めた瞬間 | TB(0) | CM(0)
最新記事
最新コメント
スポンサードリンク
オ ス ス メ


かうんたぁ
aa


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。